雑居

2018/11/13 (火) 12:44
カテゴリ:KNACK ふたりの英雄と古代兵団
タグ:KNACK  ふたりの英雄と古代兵団 

KNACK ふたりの英雄と古代兵団 #01


ハロプラ ハロ シューティングオレンジ[クリアカラー]



KNACK ふたりの英雄と古代兵団

あのKNACKの続編です。

今年は、クラッシュ・バンディクー3のDLC、GoWⅢリマスタード、KNACK、
ラチェット&クランクTHE GAME、DETROIT:BECOME HUMANと、
多くのSIE(SCE)製タイトルをプレイして来ましたが、
その中で唯一ぶっちぎって酷い作品だった、
あのKNACKの続編です。



20181113_blog.jpg

チャプター6までクリアしました。

攻略情報を見ながら宝箱を逃さないよう進めているので、
普通より時間がかかっています。



ここまで進めた感想としては、
「普通に面白い」を凌駕して、なんと「かなり面白い」です。



・KNACKの大小を自分で切り替えることが出来、
 その切り替えを使いこなして進めて行きます。

・ため攻撃やキック攻撃、ガード等が使用可能になり、ナックのアクションが多彩になっています。

・最初から難易度「すごく難しい」が選べられ、
 難易度「難しい」の難易度が本当に若干難しいと感じる程度です。

 敵の火力がおとなしめになり、いきなり分からん殺しされることは全然ありませんし、
 更に時間経過でのHP回復もあります。

 (もっとも、物語としては転機のチャプター6の途中から急激に難易度上がったので、
  今後がどうなるのか、現時点では分かりませんが)

・アイアンナックは自分の欠片を落として線を引き、電力を繋げる。
 氷ナックは敵や物を凍らせることが出来たり、
 ちゃんとステージ限定ナックとして特殊な役割があります。

・ただ見た目が綺麗なだけだった前作と違い、
 その綺麗なグラフィックを活かしてダイナミックなアクションムービーが何度もあります。

 ムービー中のQTEがプレイヤーを急かすものではなく、
 ナックが殴る時は□、蹴る時は○みたいに、
 普段のナック操作時のボタンと同じ対応になっており、
 気持ちの良いQTEとなっています。

 ムービー中のナックの大小切り替えは特に気持ち良いです。

・宝箱の中身が完全ランダムではなくなって、
 進行に合わせて決められた範囲から出てくるようになりました。

 更に、レリックは集め終えたらもう出てこなくなるらしいです。

と、前作で駄目だったところが軒並み改善されいています。

もはや製作スタッフを丸ごと入れ替えたのでは?と思うくらいです。



良作の匂いがしてきました。



新しく獲得したトロフィー 27% (18/43)
bronze_trophy ロサーリ勲章
bronze_trophy ヘビーパンチの秘訣
bronze_trophy フックショットの秘訣
bronze_trophy ハードパンチャー
bronze_trophy キックの鬼
bronze_trophy ジャンピングナック
bronze_trophy マラソンランナー
bronze_trophy 探索愛好家
bronze_trophy パリィマスター
silver_trophy ゴブリンハンター
bronze_trophy トレジャーハンター
bronze_trophy 博士の発明品
bronze_trophy クリスタルレリックコレクター
bronze_trophy ガジェットコレクター
bronze_trophy 挑戦の始まり
bronze_trophy アップグレード
bronze_trophy サンストーンファイタ-
bronze_trophy スモール・イズ・グッド

取得済みトロフィー 0% (0/43)
なし
関連記事



タグ:KNACK  ふたりの英雄と古代兵団 
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
  • Author:新垣一斗 or あああ
  • twitterID:
「ブログ更新」が趣味です。 99%愚痴
カテゴリ
カレンダー(月別)


12 ≪2020/01≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク